7月2020

りげんどうの、これから。

2020年7月30日

雨続きの日々ですね。
雨の日のりげんどうでは、雨粒の音が心地良く響いています。
古民家と雨。このふたつは相性が良い組み合わせのようです。
7月もあと二日。嬉しいことに、今日は陽ざしがのぞきました。
梅雨明けまであとすこし、でしょうか。

本日は皆さまにお知らせがございます。
7月15日より、りげんどうは新たな装いでリニューアルオープンいたしました。
玄関口より入って左手側、服飾雑貨のスペースがひろがりました。

私たちにとって身近で特別な色『藍』のお洋服や、手の温もりを感じる器など
暮らしを彩る商品を多数ご用意いたしました。

席数は縮小いたしますが、これまで通り季節のお食事も召し上がっていただけます。
(※お食事でのご利用の際は、ご予約をおすすめいたします。)

もちろん、お食事のご利用でなくとも、お散歩がてらいらして下さいね。

これからも、古民家でのひと時、皆さまがほっと心和んでいただけますようスタッフ一同努めてまいります。装い新たなりげんどうへ、ぜひお立ち寄り下さいませ。

これからよろしくお願いします!

2020年7月12日

はじめまして。こんにちは!
島根県から参りました。松岡です。
7月からRe:gendoで働いています。よろしくお願いします!

後ろにいる素敵な笑顔のお姉さんは、森川さん。
繕い物と野花がすきなお姉さんで、手作りのヘアーバンドをつくってもらいました!
これはヘアーバンドにウキウキの写真です。


ここ、Re:gendoにはささやかな冒険を嗜むお姉さんや、男踊りが気になる姉さん、茶酔いするお茶マニア兄さんと、不思議とおもしろいスタッフがたくさんいます。

東京に来て2週間が経ちましたが、初の大都会に不安や緊張もなく、日々にわくわくできるのは
一緒に勤める兄さん姉さんのようなスタッフに支えてもらい、温かいお客様方とお話することができるからです。

Re:gendoに来ていただけるなかで、お客様にも小さな”わくわく”や”うきうき”を感じて頂けるように、ささやかながらできることをやっていきたいと思います。
これからよろしくお願いします!励みます!

梅雨寒の頃

2020年7月10日

こんにちは。スタッフの森川です。

ここ数日、衣服がまとわりつくような蒸し暑さですね。
梅雨時期にはその水気が身体を、時には心まで重たくするように感じます。
梅雨の頃の低温を「梅雨寒」ともいいますが、
気温が顕著に下がる日にはぞくぞくと背中に寒気が走ることも。
身体の調子をととのえるのが難しい時期ですが、元気に乗り切りたいところです。

さて、7月のりげんどうでは、梅雨の身体がよろこぶお料理をご用意しております。
主菜には、疲労回復に効果のあるとされる豚肉を。
出汁でさっとゆがき、森田醤油店のさっぱりとした柚子ぽん酢をあわせました。

また小鉢には、冬瓜の煮物をつめたく冷やしてお出ししています。ウリ科の野菜には、身体の熱をとり余分な水分をのぞいてくれる作用がありますので、重だるさを感じやすいこの時期にはぴったり。皮をむいて下茹ですると、翡翠色にひかる冬瓜のうつくしいこと。

身体を冷やしすぎないよう、生姜と青紫蘇を添えておつくりしました。

旬の食材で、身体も心もすこやかにととのいますよう。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。