10月2016

初のりげんどう落語会開催しました

2016年10月2日

10月に入りました。
すっかり秋です

どこに植えてあるか分からないけれど、甘い香りで秋を教えてくれる、金木犀。
ふんわりと、いい気持にさせてくれます。

そして、食欲を大いに刺激してくれる秋を代表する魚!
秋刀魚の焼ける匂いもこの季節ならでは!!

りげんどうでは、美味しい生の秋刀魚が手に入るときだけ、お昼間にお出ししております。
脂がのって美味しいですよ!

小骨も気になるところですが、そんな秋刀魚が登場する落語 「目黒の秋刀魚」をりげんどうで
披露して下さったのが女流噺家 「立川 こはる」 さんです。

先日、当店初の落語会が開かれました。

その時、魚の食べる様が美味しそうで、客席からは 『上手い~』 と、声が上がったほど。

ちゃきちゃきとした話しぶりと、さっぱりとした方で、

「真田小僧」と、2話お噺して頂き、終始笑い声が絶えず、1時間あっという間に過ぎました。

そのあとは、こはるさんを交えて、特製おむすび弁当で舌鼓をうち、お開きになりました。


この落語会。初めてのことなもので、準備やら何やらてんやわんやでしたが、無事に開催出来、ほっと一安心です。

また、開催することが出来ましたらHP等でお知らせいたします。
ご参加下さったみなさま、どうも有り難うございました。

(イシイ)