7月2011

色を合わせて

2011年7月31日



引き続き、岡本夫妻が塗装をご担当。こちらはご主人のお手元。
壁がねずみ色ですので、

コンセント、スイッチの類は色を合わせて。

柱、建具など、素材が木のものは深い茶に色を合わせて。
屋内のものには柿渋を塗ってあります。

  

  

建具などは、岡本さんの奥様がご担当。

これから使われる材料は、あらかじめ色を塗って用意をします。

こちらも奥さまがご担当。

◇◆◇
外壁もご担当。

こちらはご主人と一緒に。

    

◇◆◇
ご主人は、主に、屋外をご担当。

エアコンの室外機につながるホース。

 

2階につながる水道官も

そのほかも合わせて塗装。

電気メーターと、

カバーにも。ペンキで塗れないところがあり、

丁度、電気の供給量を増やす工事をされていたので、

伺ったところ、

カバーが外れると教えていただき、

早速塗装されていました。

こだわりのお仕事。    

その後、格子の中に納まっていました。  

この度、岡本さんが塗装してくださった部分。

工程が進んでいるところを少しだけ。

建物が、全体的にシックな色合いになりました。

大工さん再び上京 他の職人さんも次々と現場に

2011年7月28日


上京されたのに、台風がやってくるとかこないとか、
雲行きも怪しいので、屋内でできることをされています。

鍵をつけられています。

昭和の香り。

古い鍵穴を埋めて、新しい位置に鍵をつけます。

二階のトイレの戸が入りました。

外から見た状態。鍵は、、といいますと、

大丈夫、中からかけられます。

欄間にガラスが入りました。

大きさを微調整後、かるく留めてあります。

作って島根から送られたもの。欄間の大きさに合わせます。

  

ガラスの模様。

照明にあたったら印象も変わります。

運び込まれた材料。

今回で、すべての材料を使い切ります。

第二期工事も大詰めです。

道具とお仲間、最終日にひと仕事

2011年7月27日


清志さんの自慢の道具です。

   

   

垂涎もののこてがズラリ。

細かい部分、神経を使う部分は清志さんがご担当されていました。

お手入れ中です。    

休憩時間には、見学に来られた左官さん方と、道具談義に花が咲きます。

記事で触れていなかった道具について。

こちらは木で作られた木ごて。

裏に模様がなくても、ざらつきを出せます。

脚立は必須アイテムです。

  

目地こてのお手入れ。

錆びがきていたこてを磨きます。

錆びがある面と、磨いた面。

どちらのこてを使うかで、角の仕上がりが変わります。

体重計できっちりと材料を計ります。

ねずみ漆喰を作る時に使った豆腐のケース。

漆喰やセメントの練る量が少ない時はこちらを使います。

刷毛をひっかけるもの。

ピストルのようなこて。

お手入れを待つ道具たち。

お手入れ中のこて。  

常にこての向きは同じ。 

バラバラの方向で置かれているのを見たことがありません。

ワイヤーブラシは博さんが考案されたそうです。

とても来客の多い、品川一家でした。

たくさんの方が見学にいらっしゃいました。

富沢建材の富澤社長は録画と、撮影をされています。

いろいろお世話になりました。

鈴木先生。

東京在住の左官 田中さん。

田中さんより福太郎さんへプレゼント。手作りです。

こちらも東京在住の左官 中村さんとこし石さん。

練習用の材料をおすそわけです。

この建物が、引き続き、たくさんの方に愛されますように。

そして、ゆくゆくは消えますが、目地が目立つので、

お帰り数時間前、

この壁の上塗りを大英断。

上塗りが終わり、

道具の積み込みです。

コンパクトに納まりました。

最後に塗られた壁。一時間くらいで、すでに、ねずみ色になりつつあります。

品川一家が滞在されていた日々は猛暑が続き、扇風機も大活躍しました。

◇◆◇
上塗りから20日近くたった、2階の漆喰の壁。

すでに、いい味をだしています。

また、新たにできる壁一枚を塗りに、8月初旬に
上京されることになりました。