設備まわり

水道まわりの工事 

2011年8月13日

水道の工事が終わりました。

バーナーの火。一見、水道工事とはかけなはれているようですけれど。

まだ、床ができるかどうかという段階から、水道の配管工事は始まっていました。

長期にわたって、担当をしてくださったのは、漆原さん。

なかなか、水道管がどのように通っているのか、見れないもの。
この機会に、ほんの一部に過ぎませんが、追ってみました。

まだ、長袖をお召しの時からきていただいていました。

住友さんの打ち合わせです。

  

配管は、設計図を見ながらご自分で考えられるのだそうです。

上水道の配線。

床板を剥いで、設計図を基に作業です。

設計図を見ながら

計測して、

この筒を通す穴を開けるのに、

この機械で、穴を開けて

           

地下の様子。

まるで作品のよう。

ボンドを塗って、

管を

接合して、

凍結を防ぐため、エスロンチューブをかけます。

T字になったとこを、

テープで

巻いて

固定します。この作業が続きます。

出入りしていた勝手口にも、水道管が伸びています。

他の日にも設計図を見て打ち合わせ。暑くなって着て、少し薄着になりました。

白い方が上水道、グレーの方は排水。

床から出る排水管。

切った後は、

このようなカーブしたチューブがついていました。

床板を動かしながらの作業です。

その後は床板を引いて、管が顔をだしています。

この空いていた隙間は、

水道管のためでした。

天井から上の作業をされています。

天井から上の官にも

同じようにチューブを巻いて。    

一階部分は、ここまで官が通ってきています。

   

引き続き、天井から上の部分を

作業がしにくいということで、

大工さんのお仕事も。

排水管です。

   

あ2階の様子を見に行かれています。

そして、水がきてるのかを確認。

2階へ続く管。

溶接されているところみせていただきました。

この度使われる道具。

管をバーナーの火で溶接されています。

後ろに火がいかないよう、養生をして。

管をはめて、

さらに溶接します。

この後は、

蛇口がつきます。

床の下、天井の上の見方が少し変わった、水道管の工事でした。

電気設備まわりのお手元

2011年6月22日

第二期工事は、電気まわりの配線から始まります。

普段は、天井の中にある、電気の配線。

担当はイシイさん。今年72歳になられるそうです。

脚立にヒョイッと登って、柱の状態をご確認。

柱に穴をあける作業などは、山本さんに。

先読みで、山本さんが用意。

貼ってあった床を切って、開けます。

そしてイシイさんにバトンタッチ。工具で穴を開けて、

線を通して、

その線を固定して、

その後

とても美しくまとまっています。

天井での早業

見えない所に。

配電盤近くの線には、印をつけます。

その後、

外の状態を確認。

すべては設計図に則って、

電気の配線ができてきます。

天井の、とても複雑な回路。

ついていたロゼットも生かして配線します。

古い天井を生かした天井裏の配線。

ずっと上を見ての作業です。

天井の下地に、

工具で穴を開けて、

線を通します。

     

天井裏の様子。

スイッチボックスがついて、

 壁ができるのを待っています。           

配電盤近くに集まった線。

現場では、

もくもくと作業をされる石井さんの姿があります。

          

今後も、現場の進捗状況によって、工事に入られます。