炎天下での作業 板金屋さんと左官さんのコラボレーション

2011年7月21日

ドライウォッシュ加工の前に、
炎天下での、板金屋さんの作業を。

暑さもさることながら、トタン自体も熱くなりますので、
肌がトタンに直接触れると、熱で飛び上がってしまいます。

職人さんは、真壁篤史さん、35歳。

赤い手袋がとても印象的です。

作業を追ってみたいと思います。


とても暑くて、撮影で帽子も被らず、10分も外にいたらクラクラするほどですが、
職人さんは、帽子なしです。


午後になったら、お着替えをされていました。

どの職人さんも、道具をとても大事に扱われています。

平面でないところを、スリッパで調節

お車を見せていただきました。

左官さんからの差し入れ。この後作業はバトンタッチです。

少し陽が落ちてきたところで、トタンの屋根と壁が接っする所にモルタルを塗ります。
担当は、再び、親方と福太郎さんのコンビです。

先に、釘打ちなどの下準備。そして、親方へ。


建物の横のお二人は、現場を見学に来られていた職人さんです。

炎天下での、板金屋さんと左官さんとの、コラボレーションでした。
お疲れ様でございました。

また、暑い中でも、品川一家の仕事を見学に、沢山の方がお越しになっています。